安楽プロと言えば「足の踏み込み」を

イメージする人が多いかもしれませんが、

私はそれに加えて、「クラブの動かし方」に

秘密があるように思います。

たとえばアドレスです。

安楽プロの理論では、ゴルフクラブは、

腕の延長線上になく、

腕から吊られておなかに突き刺さって

いるようなイメージです。

安楽プロはこれを「L字のアドレス」と呼んでいます。

「L」の縦の棒が腕、横棒がクラブです。

このアドレスからのスイングでは、

スイング中に、グリップエンドができるだけ、

おなか(回転軸)を指すようにクラブを振ります。

ドラコン王の安楽拓也プロのDVDを購入し開眼!

アマチュアゴルファーの多くは、

バックスイングが始まったとたんに、

グリップエンドが回転軸からはずれてしまいます。

中には、バックスイングの始動で、

わざわざグリップエンドを左(飛球線方向)に

「クイッ」と向けて、はずしてしまう人もいるほどです。

このままの状態では、

いくら体を速く回転させても、

ヘッドスピードは上がりません。

グリップエンドをおなかに向けている

からこそ、小さく回転しても、

ヘッドは大きな距離を動くのです。

この安楽プロの理論を活用すれば、

ドライバーショットはもちろんのこと、

アイアンやアプローチ、さらにはパッティング

まで、どこにクラブを上げればいいのかが

明確になります。

ぜひ試してみてください。

300ヤードをぶっ飛ばせ!!ドラコン王者の究極のスイング解禁 [DR0010]