パソコンの困った解決|ホームページ作成

パソコンウイルス駆除サポート

ウイルス駆除

ウィルスは、勝手にコンピューターの中に入り込み(感染)、増殖し(潜伏)、ファイルやデータを破壊し(発病)、最悪の場合、そのコンピューターを死に追いやってしまう。

これらのウイルスは、インターネットからダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルの中に潜んでおり、ここからパソコンに感染していきます。

また、有害なウェブページや動画を見ただけでも感染する場合があります。

感染活動は行わず破壊活動(発病)のみを行う「トロイの木馬」や、感染対象ファイルを必要とせず、自己増殖によって感染を広げる「ワーム」と呼ばれる不正プログラムも含め、現在はコンピューターに悪事を及ぼす不正プログラムのことをまとめて「コンピューターウイルス(ウイルス)」と呼ぶようになっています。

a

個人でできる基本的なセキュリティ対策

  1. 修正プログラムをインストールする、バージョンアップする
  2. ウイルス対策ソフトを導入する
  3. ファイアーウオールを導入する
  4. Webブラウザーの設定を調整する
  5. パシワードを定期的に変更する
  6. 大切なデータはバックアップする

最悪のペースで更新 急増している不正送金被害

ネットウイルス

不正送金ウイルス

インターネットバンキングの正規サイトにログインするだけで、

犯罪者の口座に自動的に不正送金される新種のウイルスが、2014年5月以降、日本で2万件以上検出され、

標的が日本であることが分かりました。

新種のウイルスは、利用者が正規のネットバンキングのサイトにログインすると、

感染したパソコンが検知し、自動的に他人名義の口座へ不正送金を命令する仕組みです。

フィッシング詐欺の手口

偽メールが送りつけられ偽のサイトへ誘導させる方法で、

偽メールにはシステムトラブルやセキュリティ対策といった内容でアクセスを促すように書いてあり、

記載してあるアドレスにアクセスすると本物と見分けが難しい偽サイトに誘導されて、

IDやパスワードを入力させて情報を盗み取ります。

個人でできる基本的なセキュリティ対策

  1. ソフトは常に最新にアップデート
  2. パスワードは定期的に変更
  3. 振込限度額を出来るだけ低く設定
  4. 金融機関を名乗るメールには注意
  5. いつもと違うログイン画面には注意

ドットパソコンの訪問サポート

セキュリティ診断 60分4000円

  • ソフトウェアのアップデート確認
    (Java、Adobe Reader、Adobe Flash Player、Webブラウザ等)
  • セキュリティソフトのアップデート確認
  • OSのアップデート確認
  • 金融機関専用対策ソフトのインストール
    (PhishWallプレミアム・Rapport・SaAT Netizen等)
  • セキュリティソフトでのスキャンによる検出と駆除

 

ホームページ制作とメディア作成 TEL 050-3636-9760 9:00-20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ドットパソコン メディア制作 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.