パソコンの困った解決|ホームページ作成

Webサービス

  • HOME »
  • Webサービス

集客力をアップさせるソーシャルサービスと連携

ブログをホームページに設置

同一ドメインのホームページの中にブログを設置することにより、ご利用いただく利用者本人の手によりコンテンツの拡充を行うことが可能です。

制作会社の手を借りずにコンテンツを追加することが可能ですので、運用コストを大幅にカットすることができます。

サイトのご利用方法によりブログが必要な場合と不必要な場合がございます。サイトのご利用目的にあわせてご利用下さい。

Twitterボタンの設置(Twitter連携)

ブログとTwitterを連動させご利用頂けます。

具体的には、ホームページ内のブログに記事を投稿するごとにTwitterにブログの情報をアップできます。

同時にホームページのブログ更新情報欄に同じものが表示されます。

ホームページの更新情報などホームページ制作会社を経由することなく更新情報や投稿内容などを反映させることが可能となり、効率的な運用が可能となります。

はてなブックマークボタンの設置

はてなブックマークは、無料で利用できる国内最大規模のソーシャルブックマークです。

ブックマークをWeb上に保存して、家庭や会社など、どこからでも見ることができます。

はてなブックマークのiOSアプリケーションは、インターネットで話題になっているページをすばやくチェックしたり、ブックマークに追加できます。

このようにホームページの更新情報がはてなブックマークに保存されることでサイトのSEO対策に効果があります。

Google+のボタンの設置

Google+とは2011年6月に発表されたGoogleの新しいWEBサービスです。

Google+は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の1つで、インターネット上で現実のような社会的繋がりを作るサービスです。他のSNSと比べて、特に情報の”共有”が簡単にできます。

SNSは個人のページより検索エンジンの上位に表示されやすいため、企業が自社ホームページをSNS上に作るなど、ビジネスに繋がるフィールドとしても期待されています。

facebookの『いいね』ボタンの設置

「いいね!」ボタンは、あなたが目にしたコンテンツに対し、「いいね!」と意思表示する機能です。

Facebookの画面上のあらゆるところにあリ、もっとも手軽にコミュニケーションが取れる手段のひとつです。 ほんのちょっとしたことなのですが、「いいね!」と言ってもらった方は意外に嬉しいものです。

また、「いいね!」の対象となるコンテンツは写真、動画、リンク、広告など様々です。ファンページの「いいね!」ボタンをクリックすれば、そのページのファンとなることができ、そのファンページの掲示板に投稿できたリ(ファンページ管理者の設定にもよる)、そのファンページが自分のプロフィールに追加されたりします(プライバシー設定にもよります)。
また、「いいね!」ボタンをクリックすると、自分の掲示板や友達のお知らせなどに掲載されます。従来のブログなどにある「拍手」ボタンとの違いは、こうした徹底的なインタラクティブ志向。「いいね!」ボタンをクリックしたその結果がさまざまな場所に表示され、見た人のコミュニケーションが促進されます。特に、たくさんの人が「いいね!」と言っているものは気になるもの。たくさんの場所に表示されていることもあり、よリ多くの人とのつながりができる傾向にあります。

ただし、「いいね!」ボタンは、あなたの名前で推薦するという意味も含まれているので、「手軽」なものですが、「気軽」にはクリックしない方が良いかもしれません。
しかし、「「いいね!」を取り消す」をクリックすることで取リ消すこともできますので、あまリ慎重になりすぎる必要はありません。 「いいね!」ボタンは、Facebook外部のブログやホームページにも設置できます。

ドットパソコンのファンページもよかったらいいねしてください。

OGPの設置

簡単に言うと「このホームページは何のことを書いているか」という情報を、プログラムから読める形で HTML(Webページ作成言語) に付加する記述方法のことです。

普通のWebページは人間が読めばだいたい何のことが書いてあるか分かりますよね。

ですが、プログラムは人間ほど頭が良くないので、そのWebページ内の文章だけではそのページが何のことについて書かれているページなのか正確に識別することが難しいのです。

なので、決まった OGP という書き方でHTML に情報を付加しておくことで、プログラムからも意味を理解しやすいWebページを作っていこうってことです。

Facebookのいいね!ボタンを設置したページにOGPが設定されているかされていないかで、Facebook上での挙動に大きな差が出ます。

まず、OGPが設定されていないWebページのいいね!ボタンがクリックされた場合、クリックしたユーザーのウォールにWebサイトの情報が表示されるだけで、それ以上は特に何もありません。

しかし、OGPが設定されているWebページのいいね!ボタンがクリックされた場合、クリックしたユーザーのウォールと、その友達のニュースフィードにWebサイトの情報が表示されます。

これは、とてつもなく大きな差です。

たった一人のユーザーに認知されて終わるか、そのユーザーのつながっているユーザー全員に認知されるかの差になるからです。

つながりの多いユーザーがいいね!をクリックしてくれれば、そのつながっているユーザー全員にWebサイトの情報が通知されるわけですから、そこからさらに大きな反響を呼び、「いいね!」が「いいね!」を呼ぶことも、大いに考えられます。

facebookページのLike BOXの設置

Facebookの「Like Box(ライクボックス)」とは?

皆さん、ホームページやブログなどを閲覧中、下記の画像のようなボックスを見かけたことはありませんか?

これが、いわゆる「Like Box(ライクボックス)」というものです!

likebox

設定したFacebookページに投稿された内容や、そのページにいいね!を押したユーザーを表示させる、 Facebookページのダイジェスト版のような機能です。
Like Box(ライクボックス)を自分のホームページ上に埋め込むことで、Facebookページの動きも同時に紹介できます。
これでよりスムーズにFacebookページへの誘導が可能となり、 よりユーザーと交流しやすくなったり、いいね!を押してもらいやすくなったり… といった効果が期待できます。
ご自分のホームページ、ブログをお持ちの方はぜひ試してみてくださいね。

facebookコメント欄を設置

Facebookのコメントをホームページに表示したい」という人のために、このコメント機能があります。
Facebookコメント機能の特徴には、コメント欄を設置した人にとってもコメントした人にとっても大変魅力的な特徴があります。

投稿・コメントをするにはFacebookへのログインが必要

ブログなどに設置されているコメント欄は誰でも投稿ができるため、スパムや荒らしが発生する可能性があります。一方、Facebookコメント機能はFacebookアカウントが必須のため、誰が投稿したかが明白となります。そのため、スパムや荒らしが発生しにくくなります。仮に発生しても対処しやすくなります。

投稿・コメントした内容は、投稿者のウォールに配信される

通常のコメント欄は、設置されたサイト内でしか見ることができません。しかし、Facebookコメント機能は、設置されたサイトはもちろん、コメントした投稿者のウォールにも反映されます。ウォール経由でコメントを見た人からの「いいね!」やコメントもそのまま反映されます。つまり、活発な書き込みが期待できるのです。

また、通常のコメント欄は名前を入力し、メールアドレスを入れて…と手間もかかり、書くための敷居が高いのでなかなか活発な書き込みがありません。その点、Facebookコメントはアカウントさえあれば簡単に書き込むことができます。この手軽さも、魅力の一つなのです。

ホームページ制作とメディア作成 TEL 050-3636-9760 9:00-20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ドットパソコン メディア制作 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.